スポンサーリンク



    1.トーク泥棒常習犯のママ友



    1.トーク泥棒常習犯のママ友




    私がママ友ランチに最初に顔を出すようになった当時は、まだ自己評価が低いのもあって「いかに実は交際下手だとバレないか」・「浮かず・目立たず・しかし食いっぱぐれずのポジションにどう滑り込むか」をメインに考えていました。



    だから、どちらかと言うと話上手よりも聞き上手を目指していたかな?



    自分の話をするとボロが出ちゃいそうだから、相手の話を聞いて相づちを打って、穏便にその会を終える・・・と言う事に頑張っていました。



    でも、最初は 自分は劣等生で普通の人たちは普通~上手くらいで、人気者ママはカリスマくらいに考えていたものの、途中から 自分は思ったほど劣等生でも無くて普通で・このゾーンは意外と広くて、一方で荒らしのような「見栄っ張りで虚勢を張ってるけどダメダメ」なママやトラブルメーカー等々の「本当は底辺ママ」がそれなりにいて、ごくたまに本当にすごいカリスマママがいる・・・と言う事に気づきました。




    スポンサーリンク





    そこからは、割と発言や自己表現することも怖くなくなったし、「(大したことじゃ無くても)あんな事言っちゃったけど、誰かの地雷を踏んでないかな・大丈夫かな」と過度に心配することもなくなったし、普通に会話を楽しめるようになりました。



    何て言うんでしょう、「薄く浅く」でも、会話する楽しさを知ったというか。



    まれに信じられないくらい心のシャッターを閉ざしている人や・根暗と言う言葉に片付けられないほど無口で陰気なママもいたけれど、余程で無ければお互いの性格の違いも気にせず その場の交流を そこそこのテンションで(手を抜きつつも)満喫できるようになりました。



    しかし。この域に達しても、非常~に厄介なタイプのママ友には苦戦しました。そう、「トーク泥棒」常習犯のママ友です。



    スポンサーリンク





    20年近くママ友ランチをしてきた経験上、会話は「全体で、代わる代わる」だったり、「時として近い席の人2~4人ずつに別れたり」するものの、たった一人で喋り続ける人はほとんど居ないものです。



    でも、16人テーブルで、自分だけが話の中心になろうとするママ友のように、中ボスや幹事さんがこういう事をやらかす場合もあるのですが、大胆にも、新参者だったり転校生ママだったりするのに、全部の話題の中心は自分だけしか許さない!!って人もたまに居て。



    私の記憶でダントツ一番ひどかったのは、Pさんかな。



    Pさんは、話題が他の人の習い事・旅先・度の話題になっても1秒もたたずに「私はね・・・!」とか、「私の妹はね・・・!」とか、「私の友達はね・・・!」とか、「私の両親はね・・・!」とかかぶせてお話を横取りして、全部自分で喋ってしまう人でした。


    スポンサーリンク

    関連記事

    テーマ : 子育ての悩み・疑問
    ジャンル : 育児

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
    プロフィール

    双葉 蓮(Ren Futaba)

    Author:双葉 蓮(Ren Futaba)
    この二十年弱、ママ友関連にはほとほと疲れ果てました。

    けんかっ早い人・目立ちたがりでやたら足を引っ張ってくる人・しつこく詮索してくる人・色々な人の根も葉もない噂を広めたり中傷する人・宗教や商売の勧誘をしてくる人!うんざりです。

    ここではそんな今までの経緯と・その中で悟った事・得たものなどを綴ります。

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    AD