スポンサーリンク



    2. 人に背中を向けたり・円陣を組んで会話に入れないママ友



    2. 人に背中を向けたり・円陣を組んで会話に入れないママ友




    Vさんは元々鈍いという性格もあったけれど、自分がそういう事を発案するタイプでも・したがうタイプでも無かったため、「もしかしたら」と思いつつも「なんでそんな生産性の無い事をし続けられるのか」・「飽きずにそこまでし続けられる原動力は何なのか」と見当がつかず、対応が後手後手になってダメージが膨らんでいったと言っていました。



    話を聞きながら、・・・その微妙なぬるっとした悪意の中で子供のために耐えていたVさんの気持ちを考えると、なんとも言えない気分になりました。



    まあこんな風に、中途半端な距離にホールドしながらなぶるパターンもあるけれど、ママ友界にはがっちり円陣を組んで一切入れないわよ!!オーラを出しているおっかない人たちも居るんですよね・・・。



    私も間違えて一回気軽にその話に入ろうとしたら(危機感が薄かった、まだ転勤初期の頃)、6人くらいのそのメンバー全員一斉にキッと睨まれ、頭の先から足の指の先まで2往復ジロジロ見られて、ものすごい拒絶オーラを出されて脂汗をかいたことがあります(笑)。




    スポンサーリンク





    シンクロナイズドスイミングの団体戦みたいにその6人が同じタイミングで全く同じしぐさをしたものだから、今なら思いだし笑いできるんですけど・・・当初はかなり落ち込みました。



    経験値を積んで目の肥えた今なら、そんなグループはどうせ悪口を言いまくりで、実は隙あらば仲間内の悪口もそれ以上に言いまくっている事を隠すために仲良しアピールに余念が無い残念な人たちで、頼まれたってグループ入りしたくない・・・と思うんですけどね。。



    自分が何か悪いなら治しようもあるけれど、お金にせこかったり自慢しまくったり・時間や異性にルーズだったりとかそういう基本を踏み外しているわけでもないのに 純度の高い悪意の塊をぶつけられると どうしようもできないからやっぱり悩んじゃいましたね、当時は。。



    別にちやほやされたいとか・ママ友にモテたいとか・ベッタリしたいとかじゃなくて、安定して心穏やかに会話できる普通の関係を望んでいただけなんですけどね・・・。




    スポンサーリンク






    ママ友界では逆に、タイミングやご縁によっては、そう言う方が難しいのかも。



    周りを見ていると、一瞬の仲良しごっことかかりそめの関係の方が、無理矢理力業で成立させようと思えば 可能だった気がします。



    ただ、そこまでしてそう言う物が欲しいかというと私はそうでなかったため、頑張りませんでした。



    あと、ふと思うのはそう言う仲間はずれや力を見せつけてくる人たちを「悪」とすると、「善」とは言わないまでも「普通・中間」の私みたいなのとは、やっぱり根底から色々違ったから、わかり合うのは無理なのかも。



    そして今思うのは、「悪」が「中」のフリをするのは意外と簡単で容易に続けられるけれど、「中」が「悪」のフリをしたり・染まろうとするのはそれよりもはるかに大変で、継続しがたいものだったと思います。


    スポンサーリンク

    関連記事

    テーマ : 子育ての悩み・疑問
    ジャンル : 育児

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
    プロフィール

    双葉 蓮(Ren Futaba)

    Author:双葉 蓮(Ren Futaba)
    この二十年弱、ママ友関連にはほとほと疲れ果てました。

    けんかっ早い人・目立ちたがりでやたら足を引っ張ってくる人・しつこく詮索してくる人・色々な人の根も葉もない噂を広めたり中傷する人・宗教や商売の勧誘をしてくる人!うんざりです。

    ここではそんな今までの経緯と・その中で悟った事・得たものなどを綴ります。

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    AD