スポンサーリンク



    「○○くんママ」と言う呼び方が嫌いだった・・・



    「○○くんママ」と言う呼び方が嫌いだった・・・




    今はどうだか知らないけれど、私の子供たちが幼稚園くらいの時は 他のママ友の事を「○○くんママ」と子供の名前+ママ付で呼ぶのが一般的でした。



    それでも、当時私の周りに居る人で「○○くんママって呼ばないで!」と思う人は、今まで個人としての名前で呼ばれていたのに付属物みたいな感じになるから、すごくイヤという理由が多かったかな。



    かく言う私も、「○○くんママ」という呼び方はあんまり好きじゃなくて。ただ、個人の尊厳と言う理由では無く、「ひたすら覚えづらいし発音しにくい」からでした。



    「しょうきちろう くんまま」とか「りゅういちろうくんまま」とか「ゆういちろうくんまま」とか、滑舌があんまり良くない私にとっては、いちいちそう呼びながら話するのが苦痛だったというか。舌を噛みそうで疲れると言うか。



    たとえば「木村さんと佐藤さんと鈴木さんはA班で、田中さんと清水さんはB班です」で済む文字量が、



    「しょうきちろうくんママとりゅういちろうくんママとゆういちろうくんママはA班で、しゅおんくんママとこうがくんママはB班です」的な、早口言葉みたいになっちゃうし、みんなこだわって名前をつけてる人が多いから1文字でも間違えるとすごく嫌な顔をされるし。




    スポンサーリンク





    この歳になると、佐藤と斎藤を間違えたりはしないけれど、りゅういちろうとりゅうたろうとどっちだったっけ?とあやふやになる事は、結構あったんですよね。



    まあ、子供の前では子供が真似するから「清水さん」じゃなくて「りゅういちろうくんママ」と呼んだ方が良いのは分かるけれど、ママ友だけで集まってる時はちょっと楽したい・・・と思って「清水さん」と呼んだりするとキッと睨まれたりして、ああやっぱりこういう緩さは認めて貰えないのかな・・・ダメなのか・・・とガックリした事があります。



    でも小学校になると、急にみんな子供が居ようがいまいが「清水さん」等の、名字呼びばかりするようになって。



    急に風向きが変わって、私はびっくりしました。まあこの流れはラクできる方向なので歓迎したのですが・・・



    ただ、中学や高校になると割と子育てがラクになって急に解放されたのか、今度は全然仲良くもないのに突然「蓮さん」とか「蓮ちゃ~ん」とか「蓮々(レンレン)♡」とか勝手につけたあだ名で呼んでベタベタしてくるママ友が増えまして。



    名字で呼んでくるママ友も居たけれど、名字をすっとばして下の名前呼び捨て等々で呼んでくるママ友もそこそこいて、耳を疑ってしまいました。




    スポンサーリンク





    私はママ友トラブルにはウンザリしていたので、深くつき合う必要の無い中高ではなるべくママ友と交流は持たないようにしてるのですが、いきなり腕を組んできたり手を握ってこられたりする事もあって驚愕の連続。



    子供が中高になって思春期まっさかり♡になると、母親まで影響されて女子高生時代に戻ったかのような感覚になっちゃうんですかね・・・。



    (係で一緒になっただけ・私的には一回も会った事が無い位)全然仲よくないのに、「私、あなたに会えて幸せ!一緒にいて!!」とまるでプロポーズのような言葉を紅潮した顔で言ってくるママ友も居て、本当にびっくりしました。



    私が幼稚園時代に 駄目な滑舌をフル回転して必死に「○○くんママ」と言いまくってたのは、何だったんですかね・・・。



    土地柄なのか・ただのたまたまの学年のカラーかも知れないけれど、名字呼びくらいでカリカリされていたのに中高生ともなるとこんなに違うのか・・・とモヤモヤした一件でした。


    スポンサーリンク

    関連記事

    テーマ : 子育ての悩み・疑問
    ジャンル : 育児

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
    プロフィール

    双葉 蓮(Ren Futaba)

    Author:双葉 蓮(Ren Futaba)
    この二十年弱、ママ友関連にはほとほと疲れ果てました。

    けんかっ早い人・目立ちたがりでやたら足を引っ張ってくる人・しつこく詮索してくる人・色々な人の根も葉もない噂を広めたり中傷する人・宗教や商売の勧誘をしてくる人!うんざりです。

    ここではそんな今までの経緯と・その中で悟った事・得たものなどを綴ります。

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    AD