スポンサーリンク



    【2】ランチ全員分の領収書を経費にしようとするママ友



    【2】ランチ全員分の領収書をこっそり経費にしようとするセコいママ友



    それなのにある日、ママ友会のランチのクラス全員分の領収書(7万円相当!)を裏で自分用に貰おうとしていたのがバレて、みんなからバカにされ返される展開に。



    Fさんがいつもみたいに「本当のお金持ちとは」みたいな事を自慢しまくってたら、以前Fさんにその「本当のお金持ち論」でバカにされ泣かされたママ友Kさんが、突然大声を上げて批判を始めたんです。



    「Fさん、今日のランチ会の全員分の領収書を、さっきこっそり店の人にお願いして自分あてに貰ってたの、私見たわよ。本当のセレブって、領収書でお小遣いを稼ぐのね。それなら、お金が余って余って仕方なくなるわよねー。」と。



    ほぼ公式のランチ会って、幹事さんがお金を皆から集めて総計ぴったりの金額をお店に払うんだけど、その際、幹事の1人だったFさんが会計に引き返して何やら頼んでいるのを見て、Kさんはピンと来たみたい。



    スポンサーリンク




    上に複数お子さんがいるKさんは、今までもママ友が裏でそんな風に領収書をせしめて経費で落としていたのを何回か見た事があったそうで、Fさんが何をしようとしているのかすぐ分かったみたいです。



    意外と居るんですって、そう言う人。同族経営の身内・家族の食事代とかならともかく、関係ないママ友のランチ会の全員分の領収書使って○税って・・・セコすぎですよね。



    私が面倒くさいな・・・と思いながら、お金を払って微妙な会話をしなきゃならない中、Fさんはそんな裏の手を使って、「タダ飯」を食べて、自慢して、7万円の領収書稼いだことになって・・・って、何なのこの差は・・・とびっくりしてしまいました。



    周囲の人は、宛名がカラの領収書を貰う意味が分からなくてポカンとしていた人もいたけれど、Kさんの解説を聞いてカンカンに。



    今まで味方のふりをして Fさんの自慢・罵倒トークを面白がってつっついて わざと騒ぎを起こさせていた人も、さすがに今回の事には呆れてKさんに同調し始めたりもして。


    スポンサーリンク




    攻撃が得意で防戦は慣れてないFさんは、ぐうの根も出ずにそのまま退席してしまいました。それからは、すっかり「本当のお金持ち」論を言えなくなって、唇を噛みしめる姿を良く目にするようになりました。



    意地悪なママ友なんて、Fさんの前でわざと「本当のセレブとは」って口調を真似して、イヤミを言うようになったりもして。



    その時のFさんの表情ときたら・・・。Fさんの天狗の鼻がポッキリ折れたさまは、意地悪いかも知れないけれど結構胸がすく光景でした。



    でもその後、なんでFさんはそんな事をしたんだろう・・・実は借金があるとか、経営難なのかな?なんて誰かが質問していたけれど、Fさんちの内情に詳しい(地元の仕事つながり)ママ友によると、全然そんな事ないんですって。お金は、本当にうなるほどあるみたい。



    ただ単に元々がめついのと、なんでも経費で落とせるようになって「やっていいこととの境界線」が慣れと欲で分からなくなったのと、何も知らずに呑気に食事をして・まんまと○税の道具にされているみんなの様子を見て内心ほくそ笑みながら自慢しまくるのが楽しかったんだろう・・・と、Kさんが分析してました。



    そして、セコイのはFさんだけじゃなくて、今後もごひいきにしてもらうために「分かってて」全員分の領収書を率先してそう言う人に渡すお店も、中にはあるんですって。



    世の中色々なもちつもたれつがあるのね・・・とか、この歳になってプライドがずたずたになっちゃうと、あんな地団駄の踏み方するのね(憤怒の表情ってこういう事ね、って感じでした)・・・とか、この歳になっても、知らなかった事が意外とあるものだなぁ・・・としみじみ思った出来事でした。



    スポンサーリンク

    関連記事

    テーマ : 子育ての悩み・疑問
    ジャンル : 育児

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
    プロフィール

    双葉 蓮(Ren Futaba)

    Author:双葉 蓮(Ren Futaba)
    この二十年弱、ママ友関連にはほとほと疲れ果てました。

    けんかっ早い人・目立ちたがりでやたら足を引っ張ってくる人・しつこく詮索してくる人・色々な人の根も葉もない噂を広めたり中傷する人・宗教や商売の勧誘をしてくる人!うんざりです。

    ここではそんな今までの経緯と・その中で悟った事・得たものなどを綴ります。

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    AD