スポンサーリンク



    8.ママ友の宗教勧誘/他宗教の園の講座も平気で悪用する



    8.ママ友の宗教勧誘/他宗教の園の講座も平気で悪用する



    そんな風に呪符攻めしてきた彼女以外にも、他にも宗教の勧誘してきたママ友が何人かいたんですよ(げっそり)。



    その中で、私が意外だな~と思ったのは、そう言う人って自分の所の新興宗教だけがスバラシイ!!って思ってて、他の宗教なんて邪教!近寄るべからず!!って思っていると言う先入観があったんですが、結構違ったんですよね。



    実際、ママ友達と初詣や七五三の話題になった時、「うちはキリスト教だから神社やお寺には行かない」・「鳥居はくぐらない」って人もたまにいたりしたので、余計そんな感じなんだろうな・・・と私は思い込んでいました。



    それでウチはその頃転勤が多くて、新興宗教じゃ無い普通の仏教・キリスト教系の園どっちにもお世話になった事があるんですけど、園がママ向けに開催している「宗教講座」みたいなのがあったんです。




    スポンサーリンク





    当時の私は人と関わりたがらない・コミュ症を子供のために脱すべし!と強~~く思っていたり・転勤のせいでイチから友達作りをしなきゃらなかったのもあって、そういう強制参加じゃないイベントにも自分を奮い立たせて・なるべく参加するようにしていました。



    園側が用意している講座はお茶会と宗教のお話が合体しているような超初心者向けで、新興宗教のようにえげつなく勧誘される事はないし、信仰心の無い私は「まあとりあえず顔を売っておいて、ママ知人くらいができればいいな。そしてちょっと宗教の良い言葉なんかを聞いて、たまには心洗われるのも良いんじゃ無いか・・・」くらいの軽い気持ちで出席していました。



    ところが。そういう所にも、「他宗教の」・「新興宗教の」勧誘員が結構潜んでいるんですよ・・・!



    そして一方で、私みたいにクールすぎる(?)人ばかりじゃ無くて、参加者のママ友には純真でその宗教の言葉に心底感激して・感極まって泣き出したり、座談会的なお話の最中に本当に深刻な悩みを打ち明け出したり・園側の人に相談したりし始める人がいるんです。



    「実は親の介護で悩んでいて・・・」とか・「主人がガンになってしまって・・・」とか・「(相手の罪をゆるしましょう的な言葉に感銘を受けて)親に虐待されて来た過去を告白・子供に同じことをしないかと日々心配している・・・」と重めの話をしだしたり。




    スポンサーリンク





    するとそこでそう言う人たちに、「他宗教の勧誘員のママ友」がスーーーッと急接近してとても優しく温かい言葉で慰めたり・心配だからって連絡先を聞き出して相談役を名乗り出たり・皆の前で突如ぎゅ~~~っと抱きしめたり(!)するんです。



    普通の「心配」って言うよりも、「高揚感」・「興奮」・「どこかニヤニヤしている」その感じに違和感を覚えた私がその後も様子をうかがっていると、結局勧誘して入信させちゃったりしていて。



    浅い顔見知りの心の扉をこじ開けるのは大変だけれど、自ら心の扉のカギが壊れてフルオープンになった一瞬を逃さず滑り込むのは比較的簡単なんですよね。



    こういう勧誘員は「つけいる心の隙」を漁るためなら、他宗教の講座にまで潜り込んでいるんだ・・・と、私は本当にびっくりしました。



    あ、決して園の宗教講座の悪口を言っているわけじゃ無くて、そういう意外性があると言う事を前もって知っておくと、危険を回避できるかもしれない、と言うお話です。



    ただでさえ大変な育児・抱えきれなくなって心が決壊したとき・優しくされて感激したのにそれが罠だった・・・なんて洒落にならない事態を、事前のこんな知識で予防できればいいな、位の程度です。



    スポンサーリンク

    関連記事

    テーマ : 子育ての悩み・疑問
    ジャンル : 育児

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
    プロフィール

    双葉 蓮(Ren Futaba)

    Author:双葉 蓮(Ren Futaba)
    この二十年弱、ママ友関連にはほとほと疲れ果てました。

    けんかっ早い人・目立ちたがりでやたら足を引っ張ってくる人・しつこく詮索してくる人・色々な人の根も葉もない噂を広めたり中傷する人・宗教や商売の勧誘をしてくる人!うんざりです。

    ここではそんな今までの経緯と・その中で悟った事・得たものなどを綴ります。

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    AD