スポンサーリンク



    3.ママ友の宗教勧誘/現実はママ友ドラマよりも奇なり



    3.ママ友の宗教勧誘パターン/現実はママ友ドラマよりも奇なり



    私は普段から別に浮気願望があるわけじゃないし、夫の悪口や愚痴を(ママ友界ではw)自主的に言ってないし、その俳優Gの事も周りの話に合わせる感じでかっこいいといっただけだったのに、宗教ママは「人生最後の恋をしてみたくない?」とか、「異性の友達がいた方が、気持ちが若返るよ」とかしつこく誘ってきました。



    私は、浮気したくて仕方なかったり・いつまでも女でいたいと強く願うタイプならともかく、なんで私みたいなのにそんな勝算の無い作戦で誘いをかけてくるのか、全く分かりませんでした。



    何て言う時間の無駄と労力の無駄をする人なんだろう、と。



    たとえばママ友のテレビドラマを作るとしたって、幼稚園でママ友にハニートラップをかけるなんて脚本案、通らないと思うんです。




    スポンサーリンク





    せめて可能性があるとしても、まあ男性に飢えている・言葉は悪いけれど「男日照り」的なママ友に罠を仕掛けるストーリー展開であって、私みたいな「育児でいっぱいいっぱい・別に異性はどうでもいい」タイプをひっかけようとなんて、そんな原案を提出してもドラマの制作責任者から「何コレ?」って一蹴されちゃうと思うんですよね。



    でも、この手の種類で罠をかけてきたママ友って彼女1人じゃ無かったし、マルチママも似たような事してきた事もありました。



    そう言う人たちに共通しているのは、純粋(?)に入信して欲しい・商品を買って欲しいと言うよりも、「すんなり思いどおりにならない相手ほど、おとすのに燃える」興奮を追い求めてる点でした。



    ○ライムよりも、困難な中ボスを倒す方が燃える感覚と同じなのかな・・・?



    スポンサーリンク





    色々な揺さぶりをかけた結果、のるか・そるか・・・と、彼らはギャンブルでもしているような感覚になっていました。



    私はそんな趣味の悪いゲームに巻き込まれるのはまっぴらだったけれど、係ももうすぐ終わって最後の詰めの段階だったし、そんな訳の分からない作戦で人をどうこうしようとしてくるセンスの無い人とは正面からやり合っても、遠回しな拒否すらも噛み合わないだろう・・・と思って、とにかくスルーしました。



    本当にこの人、なにがしたいのかしら、と。



    下手するとよその家庭を崩壊させかねないような事をアシストしようとして、心が痛まないのかしら?と。



    私だったらよそのママをハニートラップにかけるなんて、そのお宅のお子さんの顔が思い浮かんで罪悪感でとてもいられないけれど、この人はそう言う神経が無いのかしら・・・と頭にきながらではありますが。



    でもしばらくして、彼女の意図がなんとなく分かりました。

    スポンサーリンク

    関連記事

    テーマ : 子育ての悩み・疑問
    ジャンル : 育児

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
    プロフィール

    双葉 蓮(Ren Futaba)

    Author:双葉 蓮(Ren Futaba)
    この二十年弱、ママ友関連にはほとほと疲れ果てました。

    けんかっ早い人・目立ちたがりでやたら足を引っ張ってくる人・しつこく詮索してくる人・色々な人の根も葉もない噂を広めたり中傷する人・宗教や商売の勧誘をしてくる人!うんざりです。

    ここではそんな今までの経緯と・その中で悟った事・得たものなどを綴ります。

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    AD