スポンサーリンク



    2. Q:ママ友界での「悪口」の正解とは



    2. Q:ママ友界での「悪口」の正解とは


    それでも、ママ友界で誰かの悪口に、他のママ友が正論をぶつける光景はそんなに珍しくありません。



    しかし、それらは正論をぶつけて論破する事で「マウンティング」している場合がほとんど。



    引きつり笑いや苦笑いで「まあまあ」と困りながらなだめているような、非マウンティング派には、その手法はオススメしません。



    この種のマウンティングは、正論をぶつけて「炎上」しても「興奮」できるタイプの人がやるべき。



    スポンサーリンク




    揉めてゲッソリするだけの非マウンティング派と、「揉めてこそ華」と言わんがばかりのマウンティング派は思考回路が完全に違うので、ストレスの残留具合にものすごい差があります。



    マウンティング派は揉めるとすぐ「キーー!」と怒り始めたり・カッカしたりと感情をむきだしにするからストレス的には同じではと思うかも知れませんが、彼女らは口で言うほど自己嫌悪やらなにやらはしていません。



    そして、この手のタイプはマウンティング派同士のやり合いではさほど遺恨を残さない事もあるクセに、非マウンティング派からたしなめられる事を非常に嫌う傾向があります。



    ですので、どんな根拠の無い悪口になっても、揉めたくない非マウンティング派だと言う自覚があるなら、正論をふりかざしたくなってもぐっとこらえてスルーする事をオススメします。



    スポンサーリンク




    実際、正論を振りかざしても他のママ友のお子さんが亡くなって人前で喜んだり・ご遺体の悪口を言えるような人たちが、改心したのなんか見た事が無いんですよ。



    ママ友ドラマとかだと違うのかも知れませんが、現実はそうではない。



    私が見てきた中では、余計ママ友のゲスさが増したり、嫌がっているという事に気づいてもっと煽るようになったり。



    だから、私はそういう悪口にあったときは、「苦笑い気味の微笑でスルー」、「この点はどうなってるんだろうと疑問が沸くような事があっても突っ込まない」・「やんわり話を変えようとするか、できなければフェイドアウト」・「ノリノリでその会話に参加するような事はしない」が基本。



    根拠の無い悪口の場に居ると精神が腐りそうだけれど、「限られた気力・体力・精神力」を「投資」するのは今じゃない。



    悪口を止められないのは言われている本人に申し訳ない気もするけれど、陰ながらその人を助けられる可能性があるときこそ、気力・体力・精神力をこっそり「投資」(※ただし、ハナから見返りゼロのつもり)すべきだと思っています(実際も、チャンスがあればそうしていました)。


    スポンサーリンク

    関連記事

    テーマ : 子育ての悩み・疑問
    ジャンル : 育児

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
    プロフィール

    双葉 蓮(Ren Futaba)

    Author:双葉 蓮(Ren Futaba)
    この二十年弱、ママ友関連にはほとほと疲れ果てました。

    けんかっ早い人・目立ちたがりでやたら足を引っ張ってくる人・しつこく詮索してくる人・色々な人の根も葉もない噂を広めたり中傷する人・宗教や商売の勧誘をしてくる人!うんざりです。

    ここではそんな今までの経緯と・その中で悟った事・得たものなどを綴ります。

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    AD