スポンサーリンク



    7.成績がいいくせに「うちの子はバカだから」連呼の面倒なママ友



    7.成績がいいくせに口癖は「うちの子はバカだから」連呼の面倒なママ友



    でもふと気づけば、(本家天狗ママもそうだけれど)このBさんも 自分は騒ぐのに、他の人の愚痴や悩みは真剣に聞かない。


    よくよく見ると、聞いているフリをしていても心を痛めてる感じが全く無かったり・「絶対そんな事無い」・「蓮くんを信じてあげて」・「気のせいじゃ無い?」・「ウソばっかり!!先生がそんな事言うわけ無いじゃ無い」・「またまた~」という感じ。


    共感は求める癖に、心の底では こちらに全く共感はしていない。「どうせあなたもウソついてるんでしょ?」位の感じ。



    その雰囲気をなんか変だな~と違和感をおぼえていたけれど、私はどこか自己嫌悪癖がついていたので


    「うまく説明できなかったのかな」・「別に話を作ってるわけじゃ無いのに、私のキャラが信用されてないって事なのかな」と相手を本格的に疑わず、すぐに矛先を自分に向けていました。



    スポンサーリンク





    私の個人的な見解ですが、「他人を信じない/でも関心は強い/自分の事は信じて疑わない/何かあったら他者に矛先が向く/自分よりマシな人間なんかほとんどいないと信じている」Bさんタイプと、


    「自分を信じていない(反省・自己嫌悪グセアリ)/他人への関心・執着が薄め/何かあったら自分に矛先が向く/自分より他人の方がきっとマシとどこか思っていて自己評価が低い」過去の私のようなタイプ


    そして両者がほどよく合わさったような中間層タイプの3タイプに、ママ友ワールドは別れる気がします。



    私タイプは Bさんみたいな自分を信じ切れる人の存在を知ったらビックリしつつも「そう言う人がいるんだ」なんて痛感できるけど、Bさんタイプは私のような存在を絶対に認めない。


    淡泊を気取ってるだけで、本当は違うんでしょ?ウソついてるんでしょ?知ってるんだから!偽善者なのね!とばかりに決めつけてくる。


    でもこっちはあなたたちのようには気力が溢れて無くて・自分で一杯一杯なんですよ~(イヤ、ホント)。



    スポンサーリンク




    まあ、こっちを「無害」と認めると、自分たちの黒さが見えてしまうんでしょうね。それは絶対イヤなんでしょうね。


    そんなこんなで、「絶対ウソをついているであろう私」に、Bさんがウソをつくのは全く罪悪感が伴わないんでしょうね。。




    ・・・こうしてイヤなものや「境界線」が見えてきて、自分タイプの少なさにガックリしたり・自分はママ友生存競争の中では耐性が低いのかなとまた落ち込んだり・そのドロドロした感じに嫌気が差した時期もありましたが、、


    向こうの方が多いからって、こっちが間違ってる訳じゃ無いです。


    多勢の向こうは自分のことしか信じないからこっちに何かと嫌がらせしてきたり どうせ同類なんでしょ・だからこのくらいの毒大丈夫でしょって感じで 開き直ってくるけれど、


    ちょっと弱かったり少なかったりするくらいで、肩身狭く・縮こまって無くてもいいと思います。


    こっちだって装ってるわけじゃなくて心底そうなんだから、これも一つの立派な個性です
    (ここまで開き直れたのは、ママ友生活後半です。。。そんな風に思っていいと、当初はその可能性すらも考えたことありませんでした)。


    スポンサーリンク

    関連記事

    テーマ : 主婦の日常日記
    ジャンル : 日記

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
    プロフィール

    双葉 蓮(Ren Futaba)

    Author:双葉 蓮(Ren Futaba)
    この二十年弱、ママ友関連にはほとほと疲れ果てました。

    けんかっ早い人・目立ちたがりでやたら足を引っ張ってくる人・しつこく詮索してくる人・色々な人の根も葉もない噂を広めたり中傷する人・宗教や商売の勧誘をしてくる人!うんざりです。

    ここではそんな今までの経緯と・その中で悟った事・得たものなどを綴ります。

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    AD