スポンサーリンク



    自分が一番なママ友トラブル~うちの子は天才だから~ その8




    自分が一番なママ友トラブル~うちの子は天才だから~ その8



    トラブルメーカーが1人いると、その周囲の反応は大きく分けて3つ。



    1.とにかく近寄らずスルーする人・2.そのトラブルメーカーがいる事によって 自分たちの結束力を強め・面白がってしまう人・3.ただ被害を受ける普通の人。



    1番目の人は自己防衛本能が強くて「Dさんだけでなく ママ友であっても他人は他人」、2番目の人は 攻撃は最大の防御・基本本心は性悪説に基づいてて、面白がるためなら「刺激」することもいとわない。



    3番目の人はどちらかと言うと性善説寄りで 常人の対応をするにも関わらず、一番巻き込まれて損をするタイプ(2番目の人が巻き起こした横波をも、まともにくらったり)。



    普段からそんな傾向があったものの、Dさん不合格の一報が知れ渡るや、その各グループの特性はより濃くあらわれることに。


    スポンサーリンク





    2番目の人たちはDさんをわざと刺激するようなひどい事ばかり言うし、1番目の人たちは危険予知して 本来来なきゃ行けない「その人の当番」等までサボりだすし、



    3番目の人たちはイライラするDさんの八つ当たりを受けたり、1番目の代役をやらなきゃならなくなったりで大変に。




    しかも、2番目の人たちが余りにもDさんのプライドをずたずたにするような事を言うので、幼稚園で事件が起きるのでは・・・と思うほどに。



    私はどちらかと言うと3番目に属していたのですが、そのママたちは「やられるなら(八つ当たりされて)ウチの子かも」と脅えていて、それなのに、当の二番目たちは



    「刃物とか持ってきそうだよねーー(ぎゃははは)。幼稚園に金属探知機つけてほしいわ~~」と爆笑しながらランチできるその図太さ。



    スポンサーリンク





    結局、Dさんは心を病んで小学校に進んだ後は急にキレたり・厄介なクレームをつけてくることはあるものの、この幼稚園時代ほど幅をきかせるような事は無かったようです。



    お子さんは、もともとデリケートな感じだったせいか これまた様子がおかしくなって、小学校では要注意と周りからマークされてしまうような感じだったそうです。




    こうしてDさんの天下が崩れると、振り回されていた一般のママたちは「一体、何だったの あの時期は」とげっそり。



    元々Dさんが天下人タイプならその独裁体制も長続きしたのかも知れませんが、そうでなかったらそうでなかったなりに 混沌としていて流れを読むのが大変だったので、周囲の一般ママは余計気を使ったようです。



    かたや、笑い飛ばして つっつきまくっていた2番目タイプは、小学校でも トラブルに乗じては炎上を楽しみ・騒ぎを大きくしまくっていたようで。



    Dさんの末路は自業自得と言えば自業自得なのだけれど、その他 二番目タイプはたくさんいたので・こういうのに巻き込まれて せっかく愛する我が子を授かり(思春期・独立などで親離れするまでの)限られた楽しいはずの時間を ぐったりしながら過ごす事ほどばからしい事はない・・・と痛感しました。



    そして、今回「自分が一番なママ友」を書いておいてアレですが、次はどこにでもなぜか一定層いる過保護ママ「うちの子バカだから自慢」 げっそりエピソードを書きたいと思います。

    スポンサーリンク

    関連記事

    テーマ : 主婦の日常日記
    ジャンル : 日記

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
    プロフィール

    双葉 蓮(Ren Futaba)

    Author:双葉 蓮(Ren Futaba)
    この二十年弱、ママ友関連にはほとほと疲れ果てました。

    けんかっ早い人・目立ちたがりでやたら足を引っ張ってくる人・しつこく詮索してくる人・色々な人の根も葉もない噂を広めたり中傷する人・宗教や商売の勧誘をしてくる人!うんざりです。

    ここではそんな今までの経緯と・その中で悟った事・得たものなどを綴ります。

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    AD