スポンサーリンク



    自分が一番なママ友トラブル~うちの子は天才だから~ その4



    自分が一番なママ友トラブル~うちの子は天才だから~ その4




    元々、周囲のママ友たちの「役員」に関しての価値観は、真っ二つ。



    片方は「名誉職」だと思っていて、「やりたい」・「憧れる」・「自分より下の人にやられるのはイヤ」等々。




    もう片方は「面倒」・「大変」だと思っていて、叶うなら「やりたくない」・「逃げたい」・「避けたい」・「共働きだから遠慮したい」等々。



    私はどうしてもやらなければならない時以外は なるべく避けたいけれど、メンバーによってはお友達作りのキッカケにはなるのかも・・・



    色々お世話になっているのだから、役目が回ってきたらちゃんとやらなきゃならないのかも・・・位のスタンスでした。



    スポンサーリンク





    でもDさんは完全に前者のタイプだったようで、役員として肩で風を切って公式に園に日参するようになると、自尊心が相当満たされたようでした。



    幼稚園側はとにかく下からやんわりと持ち上げるので、Dさんは園側への態度は軟化させました(Dさんとペアで役員をせざるを得なかった、某ママの証言です)。




    私達は幼稚園の裏切り者・・・!なんて、ちょっと思ってしまいました。



    たま~にその土地の実力者だったり・学校・園側に圧力をかけられる立場だったりするご家庭のママが チヤホヤされたり・色々と大目に見て貰ったり・やたら高圧的にわがままを通そうとしている場面を見たことがあるのですが、



    それは一般のママたちに、Dさんがらみほどの被害は及ばない。



    スポンサーリンク





    でも彼女は家柄とかに何か力が有るわけでなかったのに、園はなぜそんな言いなりになって 逃げ腰になって・防戦一方でいるのかと。



    余計な刺激をして訴訟になったら怖いのか・今時はとにかく穏便にと言う時代なのか・それとも「2年保育」だからなのか。




    ヤバい人だと分かっても、2年我慢していたら卒業してくれる・・・6年間の小学校・3年間の中・高ならまだしも、2年(しかも長期休み多し)だったからこそ、園は「経験上一番面倒にならなくて・マイナスが少なかった」懐柔策をとったのかも知れません。




    しかしモンペ慣れしている園とは違って、一人目の子供や一人っ子ママにとっては、「初めてのママ友生活」でそんな訳の分からない人が正面からぶつかってきたら、防ぎきれない(しかも、幼稚園は一番 横のつながりが必要だし!)。



    ボスママがやっているならまだ別の意味の統制も取れているのだろうけれど、Dさんは中ボスでもないのに引っかき回しているし、それ以外に面倒なママはたくさんいるし。




    私達は自称天才のそんなモブキャラに、いたずらに疲弊させられまくってしまいました。


    スポンサーリンク

    関連記事

    テーマ : 主婦の日常日記
    ジャンル : 日記

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
    プロフィール

    双葉 蓮(Ren Futaba)

    Author:双葉 蓮(Ren Futaba)
    この二十年弱、ママ友関連にはほとほと疲れ果てました。

    けんかっ早い人・目立ちたがりでやたら足を引っ張ってくる人・しつこく詮索してくる人・色々な人の根も葉もない噂を広めたり中傷する人・宗教や商売の勧誘をしてくる人!うんざりです。

    ここではそんな今までの経緯と・その中で悟った事・得たものなどを綴ります。

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    AD