スポンサーリンク



    予防接種・インフルエンザなどとママ友トラブルの話。 その3 すぐ長電話をかけてくるママ友との距離の取り方




    それで、いつまでこの不毛なやり取りが続くんだろう・・・と思ったので。




    「いつも心配してくださってありがとうございます。でも毎回心配してくださると、なんか申し訳ない気がして・・・。お忙しいでしょうに、メールの手間とかかかるのでは」的な事を、遠回しに聞いてみたんです。



    そうしたら、「うちの子が体が弱くて、ついだから他のお宅の事も心配してしまうの。」



    ・・・と言いだしてからの、他の学年のお子さんの欠席情報から個人情報から、ペラペラしゃべり出して・・・ちょっとビックリしたことも。








    スポンサーリンク







    「私はこんなに色々知ってるのよ」・「私はこんな学年違いのママ友友メールしてるのよ」って言われても・・・ねえ。



    その人にとって黄金のような情報でも、私にとっては応募する気がない求人情報並に、なんとも思わない屑のような情報なんですけどね。




    でもその人はうちの学年だけじゃなくて、よその学年の情報まで目を光らせているんですって。



    そのお宅、一人っ子で他の学年のことなんて、気にすることないのに。





    スポンサーリンク









    それでその後、すぐ他の人に「あの人は 欠席を心配したふりしながら話を聞き出して、根も葉もないうわさをばらまいている人だよ」って教えてもらう事が出来たので、徐々に距離を取りました。




    メールの返信を遅らせるとか、やんわり距離を取ろうとしても、全然気づいてくれなくて。



    それで、すぐ電話かかって来ちゃう人だから、距離の取り方も難しかったです。




    だけどとにかく「バタバタしてるから御免なさいお返事遅くなって」のあとは、簡潔に用件だけ短く書く。



    たいてい私は相手のメールの文章の長さと、同じくらいの文の長さにして返すことが多いのですが、突き放す時はとにかく短く・そして「とにかく多忙」アピールをする。



    電話がかかって来ちゃったらとっつかまらないで、子供に外のインターホンを推させて「宅急便来ちゃったんで!」と言って切り上げる。




    もしくは、ケータイにかかってきた時なら家の電話を子供のケータイから鳴らせて、「あ電話かかって来ちゃったから、ごめんなさい(またあとでとは言わない)、じゃあね」と言って切る・・・を徹底して、なんとか逃げ切りました。







    スポンサーリンク

    関連記事

    テーマ : 子育ての悩み・疑問
    ジャンル : 育児

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
    プロフィール

    双葉 蓮(Ren Futaba)

    Author:双葉 蓮(Ren Futaba)
    この二十年弱、ママ友関連にはほとほと疲れ果てました。

    けんかっ早い人・目立ちたがりでやたら足を引っ張ってくる人・しつこく詮索してくる人・色々な人の根も葉もない噂を広めたり中傷する人・宗教や商売の勧誘をしてくる人!うんざりです。

    ここではそんな今までの経緯と・その中で悟った事・得たものなどを綴ります。

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    AD