スポンサーリンク



    [ママ友?全然問題なかったわよ」と言う人と「ママ友にはもううんざり、疲れた」と言う人の違い。その1




    ここまで私がママ友界で見た出来事・考え方なんかを書き連ねてきましたが、ママ友は絶対怖い世界と言うわけではありません。



    ママ友界から足を洗った後、周囲の話を聞いてもその意見は「ママ友はうんざり」派と、「さして問題はなかった」・「楽しく過ごせた」派まで色々と居ます。



    実際私も、転勤族としてあちこちの現場(?)を見て回って、問題がほとんどなかった園もありました。



    とは言えそれは表面化してなかっただけかもしれないし、私が引っ越しした後に何か起きたのかもしれないし、うちの学年が穏やかでも上と下の学年は大荒れ・・・なんてこともありました。



    だから、どちらが100%と言うのはないと思います。







    スポンサーリンク







    それでも、たまにいるんです。



    「ママ友は絶対に素晴らしい世界で、私は何の苦労もしなかった。そんな苦労をしたなんて、疑心暗鬼すぎか考えすぎか・日頃の行いが悪いんじゃないの?



    類は友を呼ぶって言うじゃない」と、勝ち誇ったようにマウンティングしてくる人が。



    そう言う時、私の周囲は平和だったけれど、そういう世界ももしかしたらあるのかもしれないわね・・・で流せずに、こっちの人格否定をしたうえで、自慢してくる人って、なんなんでしょうねえ。



    これって、ママ友界で足を洗った時だけじゃなく、転校した時、幼稚園から小学校に上がった時なんかも、話題になってこういう人が出没したりしてましたね。。



    ・・・で、ちょっとその後の経緯も含めてみてみたのですが、こういうことを言ってくる人って、たいていこんなパターンが多いです。





    スポンサーリンク







    【A】ニブくて、周りが見えてない人。もしくは自分が無神経な発言をして周りをカチンとさせてても、気づけない人。



    あと、自分が無神経発言をしなくても周囲の無神経発言を聞いてなかったり、他人のイライラに気付けない天然系。



    【B】実は、自分がボスママかコバンザメかサブボスママとして君臨していて、周囲に有無を言わさず言う事聞かせていたタイプ。



    敵と見れば先に潰す、から入る人なので、そりゃー嫌な目に遭ったことは無いだろう・・・みたいな人種。



    もしくは性格がキツイので、他人と揉めても全国大会で激しく戦い華麗に勝利したような興奮しか残ってなくて、そんなケンカはよくやってるからあんまり気にならないタイプ(しかも、戦功を褒めちぎる手下多し)。



    はたまた、揉めたことはあっても相手を非常に悪役化して自分を悲劇のヒロインとして記憶してるので、それ以外のちやほやしてくれたママ友たちとの交流だけしか覚えてないタイプ。



    スポンサーリンク

    関連記事

    テーマ : 子育ての悩み・疑問
    ジャンル : 育児

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
    プロフィール

    双葉 蓮(Ren Futaba)

    Author:双葉 蓮(Ren Futaba)
    この二十年弱、ママ友関連にはほとほと疲れ果てました。

    けんかっ早い人・目立ちたがりでやたら足を引っ張ってくる人・しつこく詮索してくる人・色々な人の根も葉もない噂を広めたり中傷する人・宗教や商売の勧誘をしてくる人!うんざりです。

    ここではそんな今までの経緯と・その中で悟った事・得たものなどを綴ります。

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新記事
    カテゴリ
    最新コメント
    AD