良い年こいて、幼い演出でごまかそうとするママ友・その2



    良い年こいて、幼い演出でごまかそうとするママ友・その2





    ツイッターでコンビニの冷凍庫に入って画像をあげてしまった子がたたかれたりしていて、「SNSはバカ発見器」なんて言葉を聞いたことはあったものの、それって若者の世界だけの話かと思っていました。



    まさかそこそこ大人の、しかもかなり大きなお子さんを持った母親が、小学生低学年の女の子みたいなことをして、周りを引っ掻き回そうとするなんて。。



    もちろん全員が全員とかじゃなくて、ごくたまにいるくらいの確率でしたが、当たってしまうともう最悪。。



    すぐ感情的になるし・すぐ大騒ぎするし・すぐ泣いたりするし。



    ラインの通知もガンガン来たりして、本当に頭が痛かったです。




    スポンサーリンク







    しかも、SNSでのママ友界はボスママとかそこそこの立場の人でなくても、こういうことをしでかして許される人がいて制御できなくて面倒だったです。



    みんな自分がハブられるのは嫌だから・もしくは穏便に済ませたいから、その人のケアをしたり・のさばらせたりして・・・そういう子供っぽい人と・八方美人な人の方が肩で風切ってましたね。



    なんなんでしょうね、ママ友界って。



    そんな悪いことを言ったり変なことをしなくてもいじめられたりからかわれたりするママ友がいるのに、どう考えたってはた迷惑・なんでこんな人が台風の目になって周りを振り回しているの?みたいな人が、のさばってたりする。



    「もう生きていけないよぅ」とか「泣いちゃいそぅ」とか「○○(ママ友の自分の名前)、わかんなぁい」とか。。



    絵文字いっぱいつけて投稿してくるけれど、よっぽどそっちの方がピンピンしていて、こっちは不穏な空気を感じるたびげっそりしちゃう。





    スポンサーリンク







    これが出会い系とかで、年もサバ読んでて、アイコン画像も加工で盛り盛りだったら男性が騙されてチヤホヤしてくれるのかもしれないけれど、お互い顔もわかってて・同性のママ友同士で、なんでそんなぶりっ子からチヤホヤを要求されなきゃいけないのか。



    心底不思議でしょうがなかったけれど、承認欲求がすごすぎて、そういう人は扱いが難しかった。



    きっと若いときはそんなんで、周りの男性が騙されてくれたんでしょうね。



    でもそこそこの年になり男性に相手にされなくなったからって、今度は同性のママ友相手にチヤホヤされて自己実現・自己満足しようとするの、ほんとにやめてほしいです。



    「あの人への返事は早いのに、あたしへの返事は・・・」とか圧をかけたりしながら皆に配慮と特別扱いを求めて、「ぁたしって友達いっぱい!モテモテ!」って同性のオバサン相手にやってても、仕方ないと思うんですけどね。



    自分の年を卑下しているわけじゃなくて、もうそれなりの歳なんだから落ち着こうよ・・・もうこの年になって無駄なことはしたくないし・発展性のない付き合いなんてしたくないよ・・・とぐったりしてしまいました。



    もう早々とうんざりしちゃったので、私は新規で聞かれた場合はスマホ持ってるのにラインやってないことにしちゃったり・交換してしまった人には「よく家の中で、マナーモードのままスマホをどこかに置いちゃって、ありかが半日位わからなくなるキャラ」を演じたりしてました。



    ただ一度交換してしまうと、ラインのタイムラインに、彼女たちの近況が現れるので・・・非表示だかブロックだかにしないかぎり、見えてしまいます(いつまで経っても慣れずにうろ覚え)。



    しかもこっちのアイコンとプロフは、こっちがブロックしてもあっちからは見えちゃうんですよね(確か)。



    なんとなく薄く縁が残っている気がして嫌な気持ちになるので、片っぽが嫌になったら相手からも見えないようにして欲しいです。



    スポンサーリンク

    関連記事










    テーマ : 子育ての悩み・疑問
    ジャンル : 育児

    ランキング
    にほんブログ村 その他生活ブログ 人間関係へ
    プロフィール

    双葉 蓮(Ren Futaba)

    Author:双葉 蓮(Ren Futaba)
    この二十年弱、ママ友関連にはほとほと疲れ果てました。

    けんかっ早い人・目立ちたがりでやたら足を引っ張ってくる人・しつこく詮索してくる人・色々な人の根も葉もない噂を広めたり中傷する人・宗教や商売の勧誘をしてくる人!うんざりです。

    ここではそんな今までの経緯と・その中で悟った事・得たものなどを綴ります。

    最新記事
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    最新コメント
    カテゴリ
    AD